第3回研究会(終了)

ぜったいに後悔したくない、がんの生き方。

〜How to breakthrough cancers with the integrative medicine.〜
がんの治療法といえば、外科手術・放射線療法・化学療法が一般的。しかし、これらだけでは心身に負担をかけすぎてしまったり、病を癒しきれないこともあります。西洋医学にとどまらない多様な療法により、患者さんの自己免疫力を高め、ココロとカラダを癒す道を探ります。

プログラム

講演1 『がんになった医師が語るがんに克つ方法』

船戸 崇史(船戸クリニック)(60分)

講演2『人ががんになるたった2つの条件 ー安保 徹先生を偲ぶー』

渡邉 真弓(中央大学理工学部)(60分)

〜休憩(10分)〜

患者体験談『大腸がんと転移性肝臓がんからの生還』

千田 伸子(20分)

ラウンドテーブルデイスカッション『がん患者さんを囲んで』

司会:佐々木和郎(55分)

閉会の挨拶:高橋 徳

総合司会:久野恵子

開催概要

  • 日 時:10月1日(日)13時30分〜17時(開場:13時)
  • 場 所:ウインクあいち(名古屋駅前、徒歩4分)10階
  • 会 費:事前予約3000円/当日3500円/学生1500円
    ※事前のご予約は、お申し込みフォームからお願いします。フォームから事前のお申し込みの方で、当日会場でお支払いの場合も、事前予約料金でご参加いただけます。
  • 懇親会:講演会終了後、会場近くの居酒屋にて懇親会を予定しております。演者・スタッフとともに、引き続きざっくばらんに語り合い、楽しい時を過ごしましょう!(会費:3500円、時間:17:30〜19:30)

チラシ(PDFでご覧いただけます)

お申し込み

申し込みフォーム
a4330664a4cd1c2ba68d709c486f0414

10月1日に開催された『日本健康創造研究』のビデオをユーチューブにアップしました。

1.腎臓がんの手術から回復された船戸崇史医師の講演。船戸先生は 『癌を克服する5か条』を提言されています。

https://www.youtube.com/watch?v=OPE_deEO2wI

https://www.youtube.com/watch?v=yI6LeRXl8yg

https://www.youtube.com/watch?v=yI6LeRXl8yg&t=15s

2.ステージ4の大腸がん/転移生肝臓がんから生還された看護士(千田伸子さん)の体験談。千田さんの溢れる笑顔が印象的です。

https://www.youtube.com/watch?v=5wh2JxBITUg

2017年10月1日に開催した第3回JHC研究会「がんの統合医療」のアンケート結果をまとめましたので、報告いたします。当日は100人を超える方にご参加いただき、49名の方からアンケートの回答をいただきました。うち9割の方から「参考になった」とお答えいただきました。

アンケート結果

がんになった医師が語る「がんに克つ方法」

  • ガンや他の病気を憎むより自分の生活習慣を変えてゆきたい。
  • 参考になりました。
  • いい話でしたが、時間が不足していたのは残念でした。
  • 大変うなづける内容で生活習慣を変えて行こうとする動機づけになりました。
  • 生活習慣を見直すことで再発防止になる。しかも行う内容も簡易であり、分かりやすかった。
  • 「がん」細胞は万人潜在している。完全克服はむづかしい。但し自分の生活習慣を正す事で減少は可能。
  • リボーン洞戸は興味があります。
  • 生き方、考え方、無理な生き方が良くないことを再認識させられた。
  • そのとーり、私も癌を克服しました。
  • 人は治るようになっている→自然治癒力の大切さ!

全員ががんになっている→治っている人がいる!

すべてがいずれ逝く→生活習慣が全て。必死=必ず死ぬ

  • 肩のこらない話で良く理解できた。
  • 船戸先生のご自身の経験に基づく講演でありとても中身が深くわかりやすい内容でした。がんを経験され今もそれを克つようにいきておられるからこその話すないように聴く我々も納得ができる。笑う事の大切さが重要であり、今後も明るく前向きに過ごしていきたいと感じました。また、こういった講演に参加したいと思いますので、船戸先生の今後のご活躍をお祈り致します。
  • がんの見方を変える御講演で考えさせられました。
  • 自然治癒力の話がおもしろかった。
  • 日ごろ、臨床で考えている事の裏付けが得られ、自信が持てた。寒熱については、改めて考えさせられた。
  • リンパ球を意識することがいいこととよーくわかった。いつも楽しいご講演ありがとうございました。
  • がんも「生活習慣を見直しなさい、気づきなさい、違っていますよ」というメッセージだという話は、その通りだと思いました。
  • 船戸ドクターの講演は3回目ですが、いつも活力の出るお話しですばらしかったです。
  • がん患者の目線から、医師としての目線からのお話しで分かりやすかったです。
  • ・本人自身ががんにかられた話でなので、聞かせる内容だった。

・スライドのprintoutが用意されて親切であった。

・演者の独自ガン対策を話されてよかった。

  • 楽しく興味深くおもしろかったです。リボーン洞戸はどんなところか実体験してみたくなりました。
  • とてもわかりやすかった。
  • 素敵な活動だなと思いました。
  • ご自身が「がん」に患った経験を語られる内容は大変説得力がありました。
  • ガン発生の機序をわかりやすくご説明いただき、何故食事や睡眠体温管理が大切なのか納得しました。
  • がんは、「死んでもらう」「治してみろ」とは言っていない。ただ「変わりなさい」と言っている。というのはなるほどと思いました。5つの生活習慣の見直しの、出来るところを改善したいです。
  • 楽しく聞かせて頂きました。楽しい中にも参考になることも多かったです。以前、DVDで船戸先生のお話しを見たことがあったのですが、実際に聞かせていただいて本当に良かったです。
  • 私は医療関係者側です。がん患者さんに話すネタとして使わさせていただきます。
  • ご自身の人生を通して、ガンに向き合ってこられたDr.の情熱あふれるお話しが、こころに響きました。
  • とても良い声で、聞いていて心地よかったです。でも全然眠くなりませんでした。もっともっとお話しを聞いてみたかったです。
  • 自分のがんは自分で治す、とても印象的でした。自然治癒力はあると本当に思います。自分の生き方が病気を作る、良い言葉です。
  • 楽しく聞かせていただきました。予防のポイントや生活の大切さが良く理解できました。
  • 食生活、生活習慣が大切だという事が良くわかりました。今日から食生活、生活習慣を改善したいと思います。
  • ユーモアがあり分かりやすく、よくわかるお話でした。感動しました。
  • 船戸先生のお話しはとっても分かりやすく、ユーモアがあっていつも勇気をもらいます。
  • ユーモアを交えながらのお話しはとても聞きやすかったです。すぐ出来る内容だけに、もっと沢山の方に伝えたいと思いました。
  • 明るく楽しくしみじみとお話しを伺いました。
  • ”がんって本当に敵なの?”というキーワードがとても心に残りました。感謝やワクワク、不安など、様々な感情をもたらしてくれますが、すべては変わるきっかけになるということというのが、感銘を受けました。
  • 生活習慣の大切さを感じました。どうしてもガン=死と考えてしまうが、ガン自身が死におとしめているわけではない。その考えにはっとしました。
  • ガンの原因、その人の生活習慣が関係していてそこを気にするだけでも違うのだと思いました。
  • がんがあっても治る力をもって自分の人生を改めていく、とても素敵な考え方だと思いました。「がん=死」ではない、イメージが変わりました。
  • 医師視点でがん患者さんの体験談という貴重なお話しを伺えありがとうございました。先生の言われた五か条を患者さん自身にもすすめ、体全体が診れる医療者になろうと思います。
  • このようなセミナーに参加させていただいて、とても勉強になりました。船戸先生のお話しはとても分かりやすく、生活習慣を見直すきっかけになったと思います。治る力、がんになってから良かったということなど、普通だと考えられないようなことを知る事ができて、参考になりました。
  • 「がんにならない人はいない」「今までの生活習慣を見直す」ことが非常によく分かりました。「変わりなさい」というメッセージにとても納得です。
  • とても分かりやすく、実体験からの克つ方法で納得できました。もし自分ががんになった時、安心して治療に臨めます。「リボーン洞戸」は注目です。
  • 「ガンに口をつけたらいい分を話すんじゃないか?」というのが、新しい発想でとても勉強になりました。ガンを悪者にするのではなく、自身の生活を改める事が大事、反省する事生き方を変える事、とても大事な事を教えていただきました。ありがとうございます。
  • 生活習慣の見直しをすることが大切なんだなと改めて思いました。
  • 私自身、4年前に乳がんを患いました。自分なりに生活習慣を見直してきましたが、今日の講義を受けてさらに勉強になりました。だんだんと注意していた事もいい加減になってきていたので、身を引き締めて生活してゆきたいと思いました。
  • がんに克つ…基本の認識が分かりやすく聞くことができてよかったです。(自己紹介が少し長かったように感じました)

 

「がんになる、たった2つの条件」

  • 副交感神経と交感神経の上手な使い分けをしてゆきたい。
  • 科学的に見た内容でよく分かりました。
  • いい話でしたが、時間が不足していたのは残念でした。
  • 船戸先生のお話しとかぶる事柄もあり、難しい話ではありましたが要点を絞ったお話しに納得性がありました。
  • 免疫やガンになる条件を分かりやすく説明されていて、内容もおもしろかった。
  • 「がん」発生のメカニズムは医学的にはある程度判っている。でも「がん」は発生する。可能な限り抑えるにはストレス生活をなくすこと、人生をバラ色思想をもつ。
  • 安保先生の事が又理解できてよかったと思います。
  • よくわかりました。
  • 1、低体温 2、低酸素 →発がん
  • 安保先生の講義は何度も聞きましたので想像しながら渡邊先生の講義をきいていました。
  • 渡邊先生、とても分かりやすくユーモア交えての講義どうもありがとうございました。船戸先生の講演を聴いた後での渡邉先生の内容で、深ぼりすることができました。実験内容も現実に則してしており分かりやすいと思いました。船戸先生の講演をさらに実験結果で渡邊先生が教えていただいたようでよかった。今後とも渡邊先生のご活躍を御祈り致します。
  • 心とからだをつなぐ事を考えさせられる。
  • 分かり易く安保先生の学術的見解が理解できた。ハリでガンが治るとは驚いた。
  • 解糖系とミトコンドリア系の話はとても興味をひかれた。本はぜひ買って読んでみたいと思った。
  • 安保先生の雰囲気が、渡邊先生の表現によって再現されたようで楽しかった。
  • エネルギー生産系について勉強になりました。ガン細胞は簡単に死ぬ(ガン細胞培養の実体験)という話が印象的でした。また、実験でガンでも死ぬはずのマウスが3割位死なないで生存しているという話もびっくりでした。
  • 安保ドクターの内情をあらためて学習でき、よかった。(マウスの3割の寛解の話を大切にしていきたい。)
  • 非常に細やかな説明で、難しいですが、今後勉強する為のきっかけになりました。
  • ちょっと難しかったです。
  • もっと知りたいと好奇心が湧きました。
  • 安保先生の理論を生で拝聴できてうれしかったです。
  • 人の心かの過程から説明頂き、低体温、低酸素が何故いけないのかよくわかりました。
  • 低体温、低酸素。この2つが原因であることを、様々なデータで説明してくださり、説得力があった。
  • なかなか難しい話でしたが、今まで聞いたことがあまりなかったので興味深かったです。参考になりましたし、本も読んでみたいと思いました。また、いろいろなお話しも聞きたいと思いました。
  • この本読んだと思います。もう一度読み直してみたいと思います。「がんは育ちにくい、がんが育つほど体が荒れている」というのは説得力がありました。私も「安保暗殺説」を聞いていました。それがフェイクだとわかってよかったです。
  • 公の場では出せないような実験で3割生き残るマウスのお話しや、安保先生の世界観をお教えいただき、ありがとうございました。
  • データを用いての話に大変興味深く聞かせていただきました。もっともっと話が聞きたかったです。
  • 先生のお話しに引き込まれ、読んだ事のある安保先生の本の内容が理解でき、わかりやすかったです。
  • 低体温、低酸素ががんになる条件という事を聞き、ガンは生活習慣、食生活、ストレスなどが原因なんだなと思いました。渡邊先生の話がとてもおもしろくて楽しく聞くことが出来ました。
  • ほんとによく分かりました。
  • よかったです、よくわかりました。
  • 安保先生の本は持っていますが、分かりやすくお話しいただけて勉強になりました。生理学の話は私にはおもしろく大変勉強になったので、明日から患者さんに分かりやすく伝える方法を考えようと思います。
  • 安保先生の著書を何冊か読んだことがあり、詳しくお話しを聞くことができてよかったです。
  • 痛み止めの投与の副作用が免疫からみても体にとって悪影響だと分かりました。
  • 安保先生に関するお話しが聞けて、とても勉強になりました。
  • 免疫力を高めていることがどう体に作用しているのか興味深い内容でした。
  • エビデンスを深めて船戸先生のお話しの裏付けをしていただき、勉強させていただきました。もっとゆっくり自律神経や血糖値のこともお話し伺いたかったです。ありがとうございました。
  • おもしろくて笑いっぱなしでした。ストレスがやはり一番だめ!とわかっていても、なかなかなくす事ができないですが、少しでもストレスをためないように努力します。
  • とてもともて分かりやすく、ひきこまれてお話しを聞きました。しっかりと本を読み勉強してみたいと思います。
  • テンポ良く、専門的な知識を分かりやすく教えて頂けて良かったです。解糖系とミトコンドリア系の説明により、ガンとのつながりを理解できました。
  • 安保先生の育った環境や、哲学の話も聞けて、安保先生のお人柄も分かりお話もとても分かり易かったです。難しい話を分かりやすく教えてくれてありがたかったです
  • 安保先生の生きているときに、もっとお話しを聞きたかったと思いました。
  • 以前から安保徹先生の本は読んでいましたが、より詳しく理解することができました。安保先生が亡くなられた事を知り、ショックを受けました。渡邊先生に楽しく研究の内容などの講義を受ける事ができ、これからの生活の参考になりました。
  • 文献などでわかりやすくおもしろく説明されていて聞きやすかった。人柄に笑えました。

 

「患者さんの体験談」

  • 自分の体を知り自然治癒力(自分の考え方)を信じたい。
  • とても分かりやすく、話がまとまっていてよかったと思います。
  • 貴重な体験をお話しいただきありがとうございました。体験された生の声をありがとうございました。
  • 患者様のリアルな声を聞くことがほとんどないので、貴重な声をきくことが出来ました。化学療法よりも生活習慣や前向きな気持ちへとシフトするのが大切であると感じた。
  • 西洋医学では、治らない事が多いネ!
  • やはり、生き方を変えていかないといけないと感じた。
  • ぜひ沢山聞きたい。
  • がん治療→体質改善と今までと違った医療の道を教えられ、自分をよく知る事が大切だと感じました。がん仲間の交流といい本、いい話を聞く。
  • 信じる者は救われる。
  • 患者さんの話には説得力があり、医師の講演とはまた違った意味で得るものが多かった。
  • 太陽光線を感じる事がすばらしい。自然を愛でること!
  • 医者はすぐ切りたがるという言葉が印象的でした。笑顔が素敵で元気をもらいました。
  • 病歴がくわしく話され、とても感動的ですばらしかったです。
  • 玄米は、生化学的に、体にはふさわしくないかなと思います。
  • 感謝の言葉を口にしているとよい反応が続く、セカンドオピニオンを聴くべき。外科医はすぐきりたがる!がんからの生還を笑顔でスピーチされ好感を持ちました。(患者の恥学はナーシングとのこと)
  • 何もかもをカラを破った笑顔、こちらがパワー、元気をもらいました。ありがとうございました。
  • 大変参考になりました。
  • 勇気を感じました。
  • 医療のあり方について深く考えさせられました。
  • 大変な苦しみを乗り越えられた方だからこその笑顔に本当に感動しました。もっと多くの人たちに聴いてほしいです。
  • がんを患われたと思えないほど、お元気で、笑顔の素敵な方でした。私は多くの臓器をすでに手術で失っています。これ以上、失う事のないよう生活改善をしたいと思います。
  • 私自身もがん患者なので、末期だったのに9年も元気にされているお姿を見ることができて本当に心強いです。私もあとに続けられたらなーと思いました。
  • 私の友達で40代で乳がんでなくなった人がいます。彼女も統合医療をしていたらもう少し生き延びられたのかなと思います。新しい分子標的薬を真っ先に使っていました。
  • 千田さんのお話しを伺うのは、確か3度目だと思いますが、以前よりも更に穏やかに、輝いておられるように拝察し、嬉しかったです。ご友人のお話、ご自身の信念のお話、こころに響きました。
  • 医師の話でなし、当事者でしかわからない心境の話を聴けて参考になりました。アロマセラピストでクライアントさんから現場でいろいろな話を聞いていたので、よかったです。
  • 短い時間では言えない辛い体験をされたのに、有難いと感謝のできる生活と、毎日の過ごし方で克服され、先の先生の言われた話の通りであると感じました。貴重なお話しをありがとうございました。
  • 自身の体験をニコニコしながら話せるのはすごいと思いました。”自分の体は自分で守る”と言われたのが、本当だなと思いました。
  • がんは治るのだと分かりました。
  • みなさんも治るといいなぁと思いました。
  • 船戸先生のおっしゃる”ガンはなってみないと分からない”だなと感じました。もっとたくさんのガンの方のお話しを聞いてみたいなと思いました。
  • 自分の命は自分で守る!明るくポジティブに大変な体験をお聞きして感動しました。すごいです。
  • 医者は全身を診ない、すぐに切りたがるという言葉が患者さんから伺え、今後の患者さんへの向き合い方、考え方を再認識させられました。
  • 笑顔がとても印象的でした。体験された方の声はとても力強いですね。
  • がんを体験され、女性にとって子宮を全摘するというのはものすごい決断をされたと思いました。そのような体験をされても笑顔でいらっしゃって素敵な方だと思いました。
  • 壮絶な体験をされているのに笑顔が素敵なことが印象的でした。医療者側の何気ない一言で傷つく方がいて、人を見ず病気しか見ない事で苦しむ患者さんがいるということを感じました。
  • 素晴らしい笑顔で患者さんの視点を話していただき、驚くとともに希望をいただき、勉強させていただきました。マニュアル通りの対応、ふとしたことが患者さんの希望になり、心を折ることにもなる事を肝に命じ、日々、診察していきたいと思います。
  • お医者さんの、治療のやり方や判断がちがう!1つの病院ではなく、自分の納得する治療方法をしていただける病院を見つける事も大事なんだと分かりました。私の母は乳がんになり、手術を受け現在も生きています。がんになった、本人しかわからない辛い部分も、分かりやすく語っていただいて、参考になりました。
  • 自分の体は自分で守らなければいけない。セカンドオピニオンを受けよう。「私も子宮をとればいい」と言われたのですが(子宮筋腫)本能で拒否しました。拒否したことはまちがってなかったと思います。
  • 体質改善と新しい仕事により、元気になられてよかったです。前向きになる講演、朝日に当たっての散歩、感謝の気持ち、食生活、良い言葉を発すること…参考になりました。セカンドオピニオンの大切さを再確認しました。
  • ガン末期から9年も生きてすごいなと思いました。今やっている事なども教えてもらえて為になりました。
  • 医者のいう事は信用できないなと思いますが、がんを体験されたからこそいろんなお話をお聞きすることができました。
  • とても貴重な体験を話していただき、勇気をいただきました。病院の先生の診断に委ねるだけでなく、自分の体の事は自分で見つめ、自分で治療を決めていかなければいけないな。と思いました。
  • すごく力強く優しく語りかけてくださるようにとてもここち良いお話しでした。

 

ラウンドテーブルディスカッション「がん患者さんを囲んで」

  • 自然治癒力を大切に 生活習慣。
  • 渡邊先生の話をもっと聞きたかったです。
  • 今までの今日一日のまとめとして、病気は自分で治していく。自分の生活を改善していくことが大事であると思いました。
  • 勉強になりました。
  • 生活習慣をよくすることを認識させられた。
  • 自然治癒、自己治癒力の可能性を納得させていただきました。
  • 統合医療の必要性を感じる。
  • 渡邊先生の意見をもう少し聞きたかった。
  • 船戸先生の体験談が渡邊先生の研究が裏付けされたようでよかった。
  • これまでのエビデンスよりも人間の自然治癒力の可能性を信じたいと思いました。
  • それぞれの講演者の個性が発揮され、時間がもっとあればもっと活発にできたように思います。
  • Dr.は検査に関心あって、人間(患者)と向き合ってくれない―という現実デス。
  • 楽しいディスカッションでした。
  • 実体験とても参考になりました。ポジティブ、笑顔 良いですね
  • もっとお時間があればと思いましたいつも深い内容の研究会を開催して頂きありがとうございます!
  • 色々な立場の方々が本音で語ってくださって、良い時間でした。
  • 質疑応答の時間がもう少し長いとよかった。
  • 皆さんお1人お1人、素敵な方で楽しかったです。本当にありがとうございました。参加させて頂けて良かったです。ありがとうございました。
  • 時間が足りなかったですね。
  • 講演会のアフタートークという印象で楽しく拝聴しました。
  • 写真の笑顔を見て、こみあげてくるものがありました。なんて悲しい笑顔なんでしょう。医者は、自分の担当しか見ないという言葉は医者と患者の違いなんですね。
  • もっと長い時間をとっていただきたかったです。
  • 講座以外で出るお話しがとても参考になりました。ありがとうございました。
  • 笑顔を大切にしたいと思いました。ありがとうございます。
  • 千田さんの生きる強さを感じ、元気をいただきました。
  • 医療にかかわっていると、医療者が治していると思ってしまいがちですが、患者さん自身の体の力だと実感しました。
  • 医師は何を診てるんだと思いました。
  • 患者さん、医療者、お互いがお互いの心の内を話すことで進む未来、医療があるのかなと感じました。
  • 「病気は自分で作るし、自分で治す」印象的な言葉でした。人間的なコミュニティでとても素敵な空間でした。
  • 明るいお二人だったので、とても楽しく聞けました。笑顔の大切さ、「がんになるのも自分、治すのも自分」印象的でした。
  • 船戸先生、皆さんの貴重なお話しが聞けてうれしかったです。
  • 病気は自分で治す。
  • 渡邊先生、とっても素敵です!ファンになってしまいました。リボーン洞戸でリボーン体験してみたいです。船戸先生の考えが、すべての医師に伝わればいいのに・・・そうすれば辛い思いをしている患者さんが減ると思います。

 

今後、お聞きになりたい内容や講座などご意見

  • 代替医療の種類や方法、実績について知りたいと思います。
  • 今後も患者様の生の声を聞けるような講座を続けていってほしい。
  • 東洋医学の大空さんの話を聞きたいです。
  • 生活習慣病関連(高脂血症、脂質異常症、高尿酸血症)の話題を交えた、薬剤の使われ方を薬剤師の先生から聴いてみたいと思います。食事に関するアドバイスを栄養士さんから聴いてみたいと思います。
  • サプリメントとがん治療。
  • 病と心と脳。
  • 日本と海外との代替医療の格差と現状と可能性、現代の食事と寿命の関係。
  • すばらしい会をありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。会場が駅の近くというのはありがたいです。もう少しタイムマネジメントを明確にしていただけると良かったかもしれません。
  • 自然治癒療法をしている先生の講座をききたいです。
  • 船戸先生のリボーン洞戸の話がもっと聞きたいです。
  • アレルギー、不妊症、薄毛 円形脱毛皮膚科ガイドラインには様々なものがありますが、各方面から聴いてみたいです。
  • 婦人科疾患に興味があります。
  • 婦人科。
  • 痛みについて。
  • ”強さ”の作り方。
  • 自然治癒力についてもっと詳しく知りたいです。
  • ハリの事を聞きたいです。
広告